お子様の歯の健やかな成長をサポートします

小児歯科では、乳歯の生えはじめたばかりの赤ちゃんから、永久歯に生え替わるまでのお子様のお口を診察しています。小さいときからしっかりお口の健康管理ができているかどうかは、大人になってからのお口にも大きく影響するもの。ご家族の皆さんと私たちとで協力して、お子様の歯を守っていくことが大切です。

当クリニックの院長は、虫歯の治療・予防はもちろん、矯正認定医として歯並びや咬み合わせの観察、治療を随時行っていきます。お子様のお口について、不安なことや疑問などがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

治療ではなく予防で通おう

現在お子様をお持ちのご家族の皆さんが子どもだった頃は、歯科医院とは虫歯になってから行くところだったと思います。しかし今日その認識は変わり、歯科医院とは予防のために通うところと位置づけられています。なぜなら、一度削ってしまった歯は元に戻ることはないためです。

虫歯は予防法が確立されているため、ご自宅での毎日のブラッシングと併せ、定期的に歯科医院で適切な予防処置を受けることで、発症率を大幅に下げることができます。どうぞ今までの意識を切り替え、治療ではなく予防のために通院していただくことをおススメします。

小児歯科のメリット

メリット01 小さな頃から通院することで、歯科医院に対する抵抗が生まれにくい!
メリット02 適切な予防処置によって、虫歯の発症が防げる!
メリット03 正しいケア習慣が身につく!
メリット04 生え替わりの観察を行うため、適切なタイミングで矯正治療ができる!

小児歯科メニュー

定期検診

定期検診では、虫歯ができていないか、歯の生え替わりは順調か、歯並びや咬み合わせはどんな具合かなどについて診察します。定期検診に通っていれば、もしも治療が必要な場所が見つかっても、早期治療が可能になります。指定された期間を守り、きちんと通いましょう。

ブラッシング指導
予防の一番の基本となるのが、毎日のブラッシング。ただするのではなく、一人ひとりのお口の状態に適した方法で行うことが大切です。当クリニックでは、歯科衛生士がブラッシング指導を行います。ご家族の皆さんには仕上げみがきのポイントをお教えしますので、毎日のケアに活かしてください。
クリーニング
毎日一生懸命ブラッシングをしていても、お口の中にあるすべての汚れを取り除くことはできません。とくに乳歯は永久歯に比べてやわらかく、虫歯の進行も早いもの。定期的にクリニックで専門的なクリーニングを受け、虫歯を予防しましょう。
咬み合わせの確認
お口の健康の基盤は、正しい咬み合わせ。当クリニックでは、矯正認定医としてとくに咬み合わせを重視して定期的にチェックし、治療が必要と判断した場合には、適切なタイミングで矯正治療をスタートします。
小児矯正
床矯正
入れ歯のような取り外しできる装置を、就寝時など毎日一定時間装着し、顎の大きさを広げていく治療。乳歯から永久歯に生え替わる時期のお子様に行います。顎を広げることで、歯がきちんと並ぶスペースを確保する方法です。
ムーシールド
受け口を治すために行う矯正治療。乳歯期のお子様に行います。専用のマウスピースを、就寝時など毎日一定時間装着し、症状を改善させていきます。
シーラント
複雑な深い溝を持つ6歳臼歯は、食べカスが詰まりやすくブラッシングがしにくいため、虫歯になりやすい歯。その溝にあらかじめレジン(歯科用プラスチック)を詰め、虫歯を予防する処置です。
フッ素塗布
歯質を強くし、虫歯への抵抗力を高める効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布することで虫歯を予防する処置。定期的に行うと、より効果的です。
過剰歯の抜歯
まれに、乳歯でも永久歯でもないよけいな歯「過剰歯」が生えてくることがあります。並ぶ場所がなく、歯並びを乱してしまうなどの悪影響を招くため、多くの場合抜歯が必要となります。当クリニックでは過剰歯の抜歯に対応していますので、お気軽にご相談ください。

妊娠中の歯科治療

妊娠すると、つわりがはじまったりホルモンバランスが変わったりすることで、お口の環境が悪化してしまい、虫歯や歯周病になりやすくなります。とくに妊娠中の歯周病は、赤ちゃんにも影響を与えてしまうことがあるため注意が必要です。

妊娠中には歯科治療は受けられないと思っている方も多いのですが、実際はそんなことはありません。つわりが落ち着く安定期頃を見はからって、一度検診にお越しください。

妊娠中の虫歯

妊婦さんの虫歯が、お腹の赤ちゃんに直接影響を与えることはありませんが、虫歯のままだと生まれてからの赤ちゃんのお口に、虫歯菌をうつしてしまうリスクがあります。お子様の虫歯のはじまりは、お母様など身近な大人からの感染が原因です。赤ちゃんが生まれる前に適切な治療を受け、お口の中の虫歯菌を減らしておきましょう。

妊娠中の歯周病

妊娠中に歯周病にかかると、お腹の赤ちゃんの成長に影響を与えることがわかっています。それによって早産や低体重児出産の確率が上がってしまうのです。

食育について

生きていくうえで欠かせないのが毎日の食事。お子様の健やかな成長のために大切ですが、体だけでなく歯の成長にも食事は重要です。食事とは、お腹をいっぱいにすればいいというだけのものではありません。毎日楽しく、健康的な食事がとれるよう意識していきましょう。

当クリニックでは、食育のご相談にも対応しています。食事について気になることや心配なことなどがある場合には、どうぞお気軽にご相談ください。

「あおき歯科・矯正歯科クリニック」の小児歯科の考え

当クリニックでは、お子様にまずクリニックの雰囲気に慣れていただくことからはじめます。当たり前のように通う場所として認識してもらうことが、お子様のお口の健康のためにいいことだからです。

診療時にはご家族にご同席いただき、リラックスしてもらえる雰囲気づくりに努めていますので、ご家族のみなさんも歯科に対する先入観を払拭していただき、ご協力いただければ幸いです。

矯正認定医がいる当クリニックでは、咬み合わせの観察に力を入れています。とくに乳歯と永久歯の混合歯列期には、矯正治療を開始する適切なタイミングを見計るためにも観察が必要です。どうぞ歯並びのお悩みは、お気軽に当クリニックにご相談ください。

ページの上部に戻る