失ってしまった歯、きちんと治療しましょう ~インプラント~

歯を失ってしまったとき、「1本くらいなくても……」と放置してしまってはいませんか? 実は、失った歯をそのままにしておくと、次のようなさまざまな悪影響が生まれてしまいます。

  • 空いたスペースに隣の歯が移動してこようとする
  • 咬み合う歯が伸びてきてしまう
  • それによって、歯並び・咬み合わせが乱れてしまう

歯並びや咬み合わせが乱れてしまうと、虫歯や歯周病になりやすくなったり、顎や全身のバランスを乱したりしてしまい、顎関節症や肩こり・頭痛などを招いてしまうこともあります。失った歯をそのままにしておくことは、「歯がたった1本ない」だけで済まない問題なのです。

そこで、失った歯の機能を取り戻す治療が必要になります。治療にはインプラント・入れ歯・ブリッジという3つの選択肢があります。それぞれの特徴を理解し、じっくり相談を重ねて適した治療法を選びましょう。

入れ歯・ブリッジについてはこちら

インプラントとは?

失った歯の機能を取り戻す治療として、近年大きく注目を集めているのがインプラント。歯を失ってしまった部分の顎の骨に、生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を被せる治療です。

インプラントはしっかりと顎の骨に結合するため、咬み心地はまるで天然歯のまま。また、周りの歯の白さや透明感に合わせられるセラミックによって、どこを治療したのかがわからない自然な口元になります。もう一度自分の歯が戻ってきたかのような感覚になるインプラントは、とても人気のある治療法です。

インプラントのメリット

メリット01 自然な咬み心地がよみがえる!
入れ歯のようにずれることがなく、違和感もありません。咬み合わせも整い、自分の歯と変わらない感覚でしっかり咬めるようになります。
メリット02 見た目が自然で美しい!
部分入れ歯のようなバネもなく、セラミック製の人工歯によって、自然で美しい口元になります。
メリット03 周囲の健康な歯に負担をかけない!
ブリッジのように支台となる歯を削ったり、部分入れ歯のようにバネをひっかけたりすることがなく、周りの健康な歯に負担をかけません。

当クリニックのインプラントのこだわり

徹底した衛生管理
インプラント治療には外科手術が必要です。当クリニックでは手術の際の院内感染を防止するために、徹底的な衛生管理を行っています。治療に使用する器具は、複数の消毒・滅菌器によって滅菌しておりますのでご安心ください。
歯科用CTの導入
精密さが求められるインプラント治療には、顎の骨の状態を細かく把握できる歯科用CTによる、事前の詳細な検査が欠かせません。当クリニックでは歯科用CTを完備しておりますので、スムーズに的確な診断を行うことができます。

インプラントメーカー

当クリニックでは、実績のある「ノーベルバイオケア社」と「アンキロス」のインプラントを採用しています。

ノーベルバイオケア

世界ではじめてインプラントを製品展開した、インプラントシステムのパイオニア「ノーベルバイオケア社」製のインプラント。多くの歯科医院で採用されているため、もしも引っ越しなどがあっても、各地でメインテナンスを継続できます。

アンキロス

世界ではじめてインプラントを製品展開した、インプラントシステムのパイオニア「ノーベルバイオケア社」製のインプラント。多くの歯科医院で採用されているため、もしも引っ越しなどがあっても、各地でメインテナンスを継続できます。

「あおき歯科・矯正歯科クリニック」のインプラント治療の考え

インプラント治療は、近年大変人気のある優れた治療ですが、手術をともない、費用も高額になるなどといった側面も持っています。当クリニックでは、入れ歯やブリッジにもそれぞれメリットがあることをふまえ、やみくもにインプラント治療をおススメすることはありません。

一人ひとりのお口の状態やご要望をしっかり伺い、適した治療法を選んでいただけるよう、丁寧にアドバイスいたします。どうぞ安心してご相談ください。

ページの上部に戻る