歯並びに影響を及ぼす癖について

歯並びが乱れるには、次の3つの原因が考えられています。

原因1: 遺伝的な問題
原因2: 母体の中での成長過程に障害があったなど、先天的な問題
原因3: 生まれてからの病気や栄養状態、また日常の癖などによる後天的な問題

これらの中で、今からでも気をつけられることがあります。それは「日常の癖」。指しゃぶりや頬づえなどの、歯並びに影響する悪い癖を見直すことで、歯並びの悪化を防ぐことができます。一度お子様の癖をチェックしてみましょう。

こんな癖に要注意!

歯並びに悪影響を与える癖には、次のようなものがあります。お子様にこれらの癖が見られる場合には、できるだけ早くやめさせてあげましょう。

指しゃぶり
指しゃぶり
指しゃぶりの癖は、上下の前歯に負担をかけ、開咬(かいこう:奥歯を咬み合わせても上下の前歯が閉じない)や上顎前突(出っ歯)を招いてしまうことがあります。
頬づえ
頬づえ
成長期に頬づえの癖があると、顎関節や周りの組織の成長を妨げ、咬み合わせや顎のゆがみを招くことがあります。
口呼吸
口呼吸
常に口を開けている状態になり、舌が正しい位置に納まらずに、出っ歯やすきっ歯になることがあります。
歯ぎしり
歯ぎしり
歯が摩耗したり、顎関節に負担がかかったりすることで、咬み合わせが乱れることがあります。
爪を咬む
爪を咬む
硬い物を咬み続けることになり、歯や歯ぐきに負担をかけ、歯並びが乱れることがあります。
唇を咬む
唇を咬む
下唇を咬む癖は、上顎前突を招くことがあります。
舌癖(ぜつへき)
舌癖(ぜつへき)
歯並びに影響を与える悪い舌の癖を総称して「舌癖」といいます。舌をいつも前に出していたり、前歯を押したりする癖があると、開咬や上顎前突を招いてしまいます。

歯並びが悪いと損をする?

乱れた歯並びのデメリットは、見た目だけの問題ではありません。歯並びが悪いと何を損してしまうのか、確認してみましょう。

  • 食べカスが詰まりやすくブラッシングがしにくいため、虫歯や歯周病になりやすい
  • 食べ物をしっかり咬み砕けないため、胃腸に負担をかける
  • 歯のすき間から空気がもれたり、舌の位置が定まらなかったりすることで、発音に支障をきたすことがある
  • 咬む力のバランスが悪く、顎関節症や肩こり、頭痛、腰痛、めまいなどを招くことがある
  • 咬む力が顎に左右対称に伝わらず、顎や顔つきがゆがんで成長してしまうことがある
  • 見た目がコンプレックスになり、消極的になってしまうことがある

歯並びの乱れは、このようにお口の中だけでなく全身にもさまざまな影響を与えてしまいます。こうなると、もう見た目をがまんすれば済むという問題ではありません。お子様が心身ともに健やかな成長を遂げるために、矯正治療はとても重要なものなのです。

矯正治療が本当に必要なのか、迷われている方へ――。

食生活が変わったことで、現代のお子様の顎は小さくなってきているという傾向があり、歯がきちんと並ばずに矯正治療が必要になるケースが増えています。しかし、どの程度の乱れになると治療が必要なのか、その判断に迷われているのではないでしょうか?

矯正治療が必要か否か、またどんな治療が適しているか、いつから開始するのか……。これれは、実際に診察をしてみないとわからないことです。矯正認定医がいる当クリニックでは、治療が必要か否かをしっかり診断し、必要となった場合には一人ひとりに合った適切な治療をタイミングを見計らって開始します。

歯並びのお悩みはどうぞ、矯正認定医のいる当クリニックに、お気軽にご相談ください。

ページの上部に戻る