虫歯の治療は、早めに受けましょう

歯が痛んだり、しみたりするという症状がある場合、虫歯にかかっている可能性があります。虫歯とは初期には自覚症状がない病気であり、こういった症状が現れたときには、すでに進行してしまっているケースも少なくありません。

虫歯は、プラーク(歯垢)に棲む虫歯菌が糖分をエサにして酸を出すことによって、歯が溶かされていく病気。風邪などのように様子を見ているうちに治ってしまう、ということは決してありません。治療のダメージを軽減するためにも、何らかの異常に気づいたら、できるだけ早くご来院ください。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

根管治療について

虫歯は悪化すると、歯の神経や血管まで冒されてしまいます。その状態を放っておくと、その歯は抜かなくてはならなくなってしまいます。しかし「根管治療」を行えば、その歯を残すことができるのです。

根管治療とは、歯の中を通る「根管」の中から死んでしまった神経や血管を取り除き、根管内をきれいにして薬剤を詰め、密封する治療のこと。目に見えない部分を対象とする大変繊細な治療ですが、これを確実に行うことで、その歯は抜かなくて済みます。

当クリニックでは根管治療に、細菌の混入を防ぐ「ラバーダム」や拡大鏡「サージテル」を使用し、安全・確実な処置を行いますのでご安心ください。

もう虫歯になりたくないあなたへ――。

虫歯は、一度治療しても再発しやすい病気です。再発・治療をくり返せば、歯はどんどん削られ続け、いずれ失ってしまうことになります。

しかし、きちんと予防を行えば再発を防ぐことができます。虫歯予防には、日々のご自宅でのケアはもちろん、予防歯科でのプロによる予防処置が欠かせません。再発を防ぎ、大切な歯を守るために、治療後にも予防歯科へ通いましょう。

予防歯科についてくわしくはこちら

ページの上部に戻る